第3回横浜絹フェスティバル|絹のみち広域連携プロジェクト|純国産絹・絹製品|スカーフ|ファッションショー|絹龍舞|着物体験・講座、美容メイク|七五三きもの着装

はじめに

2018年は、明治維新150年の節目にあたります。それより10年前の1859年(安政6)年、徳川幕府によって、函館、長崎とともに「横浜」は開港しました。その後、我が国最大の貿易港として隆盛を極めた「横浜」。当時、最大の輸出品目は生糸(絹)であり、日本の総輸出額の約65%を占めるほどでした。絹貿易の発展で欧米文化の導入を促し、日本を近代国家に育てあげる重要な拠点が「横浜」だったのです。

絹の一大集積港となった「横浜」と、その産地である上州・信州を結ぶ経路は「日本のシルクロード」とよばれ、重要な流通経路となりました。しかし、時代の移り変わりの中で、現在、我が国の絹の生産量は、ピーク時の1%以下にまで激減し、国産の絹は危機的な状況が続いています。しかし、蚕糸・絹業の窮状を打開しようとする新たな研究、挑戦が全国各所で始まり期待が高まっています。

こうした歴史を有する横浜には、絹遺産の建造物や物語が多く遺っていますが、それらを知る人も数少なくなりました。大切な横浜の歴史資産を後世に伝えるために、絹に関わる団体・企業、産地、博物館、ホテル、百貨店など異業種が協力して、全国の伝統的工芸品、新たな製品を一堂に集め、きものや絹のイベントを通して「世界が恋した絹」の歴史と文化を、横浜から世界に発信していきます。

「絹のみち広域連携プロジェクト」との連携

「絹のみち広域連携プロジェクト」
平成26年6月「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録を契機に、日本の「絹」製品をはじめ、絹に関する伝統技術・匠の技、絹関連地域に対して、国内外からの注目が集まりつつあります。地域に目を転じてみると、絹産業を支えてきた事業者や地域の関係者がこれを追い風ととらえ新しい商品づくりや観光サービスの開発に積極的に取り組み始めています。

関東経済産業局は、かかる状況を踏まえ、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、絹関連事業者・施設・地域を結ぶ連携プロジェクト「絹のみち広域連携プロジェクト」を平成26年8月に立ち上げました。

本プロジェクトでは、「やる気」と「連携」をキーワードに、地域や分野を越えた広域連携プロジェクトにより事業機会を創出し、(1)高付加価値商品・ブランドの創出、国内外への販路開拓、 (2)「絹」を中心とした広域観光振興(周遊ルート開発、各地域の観光振興等)に取り組みます。これらにより、絹関連事業者の成長、インバウンド・交流人口の拡大及び観光消費額の増加を図り、地域経済の活性化を目指しています。

実施内容

絹とともに発展し育まれた街「横浜」で絹の魅力を歴史とともに紹介するイベントです。

絹の代表「きもの」、横浜の地場産業「スカーフ」などをテーマに、きものとスカーフのトーク&ファッションショー、また横浜の絹の歴史とともに、上州・信州の産地を結ぶ「絹のみち」を始めとした絹製品の展示即売。

きもの着付け、スカーフの結び方アドバイス!

概要

開催日 平成30年11月15日(木)~17日(土)
時 間
15日(木)14:00~20:00
16日(金)11:00~20:00
17日(土)11:00~18:00
会 場 横浜港大さん橋国際客船ターミナルホール
主 催 横浜絹フェスティバル実行委員会(実行委員長 松村 俊幸)
共 催 横浜港大さん橋国際客船ターミナル
特別協賛 SGC/ワミレスコスメティックス/オンワードホールディングス
協 力:横浜繊維振興会、横浜絹フェスティバル実行委員会、横浜髙島屋、横浜和服を楽しむ会、日本シルクを守り育てる会、横浜ホテルグループ8社、KWプロジェクト、東洋きもの文化学院、FIPS
後 援:(一財)大日本蚕糸会、横浜市経済局、横浜市文化観光局、横浜商工会議所、(一社)横浜港振興協会、(公社)横浜貿易協会、神奈川倉庫協会、(公財)横浜観光コンベンションセンター、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)、NHK横浜放送局、朝日新聞横浜支局、毎日新聞社横浜支局、読売新聞横浜支局、産経新聞社横浜総局、東京新聞横浜支局、桐生タイムス社、タウンニュース社
企 画 池田企画
内 容
■絹のみち広域連携プロジェクト(関東甲信越)
■純国産絹・絹製品ショップ(京都・鹿児島など)
■スカーフ(横浜繊維振興会、他)
□ファッションショー(日本の美を愛でる)
□絹の舞「絹龍舞」
■体験型講座、きもの体験、美容メイクコーナー
■七五三きもの着装・フォトサービス

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

WEBサイトはこちら

フロアガイド

イベントカタログ




過去の情報

【2017年開催】↓横浜港 大さん橋 国際客船ターミナル WEBサイト での紹介記事
https://osanbashi.jp/event_detail/1032

【2017年開催】↓横浜観光情報 WEBサイト での紹介記事
http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/eventinfo/ev_detail.php?bid=yw4361

【2017年開催】第2回横浜絹フェスティバル↓
http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/eventinfo/ev_detail.php?bid=yw4360

【2017年開催】タウンニュース↓紹介関連記事
https://www.townnews.co.jp/0113/2017/10/05/401063.html

【2017年開催】横浜ファッションデザイン専門学校記事
yfd-c.com/blog/2017/10/13/5051/

【2016年開催】花まゆ公式ブログ
http://hanamayublog.blog25.fc2.com/blog-entry-124.html

PAGETOP
Copyright © yokohama silk-festival in osanbashi executive committee. All Rights Reserved.