横濱コクーン・スクウェア ~YOKOHAMA SILK FESTIVAL~

“昔も今も日本の絹は横浜から世界へ”

期 日 2022年11月4日(金) 5日(土)

会 場 横浜市役所 アトリウム  協働スペースAB ※1

主な内容 映画上映、シンポジウム、イベント、ワークショップ、物販、アトリウム270インチディスプレーで会場内の模様を生中継、イベントYOUTUBU配信

主 催 横濱コクーン・スクウェア実行委員会
日本シルクを守り育てる会、オフィス荻原、(株)ジーディーエフ、(有)ワッツアップ、(有)地域システム創造研究所、Yumis Style palettes、Ms、ほか

協 賛 日本シルクを守り育てる会賛助会員 協力企業、団体 ほか

後 援 横浜開港資料館、農研機構、タウンニュース社、横浜シティガイド協会、横浜市経済局、(公財)横浜観光コンベンションビューロー、(一財)大日本蚕糸会、神奈川新聞社、tvk、神奈川県中小企業団体中央会、(社)東京ファッションデザイナー協議会

【イベント】

11月4日(金) 11:00~17:00

〈上映会 シンポジウム〉協働スペースAB

ドキュメンタリー「シルク時空をこえて」(1‘45’)上映 伊那市熊谷友幸監督
明治から昭和期のシルク産業繁栄の歴史を信州横浜米仏で4K撮影
①シンポジウム「蚕・繭・生糸の今昔」 ※2
日本経済の浮沈を体現した生糸、横浜が果たした役割、新しい展開、可能性
シンポジスト: 郷土史家 研究者 ファッション、スカーフ関係者 大学教授
時空をこえて監督  農研機構研究員

〈物販展示ワークショップ〉 アトリウム

11月5日(土) 11:00~17:00

②「絹龍舞 ~時を紡ぐ~」
③スカーフアレンジ「スカーフコンシェルジュ 長谷川由美 」
④スカーフ、ドレス パフォーマンスショー
⑤シルクファッションコンサート
山下伶(クロマティックハーモニカ)、Aki詩音(ボーカル)、松下福寿(ピアノ)、ブルーベルベット(コーラス)
「横濱音まつり」への参加エントリー

【ワークショップ 展示】 4日~5日

①花まゆ 繭から生まれた花 作品展示 5点
ワークショップ アクセサリー、小物等花まゆ製作体験
②スカーフアレンジを体得しよう 手持ちのスカーフを生かそう!結んでみよう!
スカーフコンシェルジュRの手ほどきアドバイスでアレンジ体験(5日のみ)
スカーフアレンジ展示
③MICHIYO INABAデザインスカーフドレス群
④群馬県嬬恋村 中居屋重兵衛 顕彰会 ブース
⑤新潟県シルクブース 小千谷紬 塩沢紬など
⑥シルクハンドプリント(手捺染)体験
⑦「シルクサミット2021-2022」PRブース 農研機構 ※3

【物 販】 4日~5日 物販ワゴン

①梶原由美子手作りシルク、古布製品、小物
②シルク化粧品 奄美大島「Adan」医療と美容
③(一社)富岡シルク推進機構協議会
シルク腹巻、肌着、石鹸、ナイトキャップ 桑の実ジャム 等
④「横濱コクーン・スクウェア」オリジナルアメニティ ロゴ入りアイテム
⑤横浜スカーフ 湘南染工
⑥システム地域創造研究所 東北マルシェ「桑の実お焼き」 宮城県丸森町の絹